信州安曇野の不動産を紹介して昭和43年来の実績。田舎暮らし・Iターンはお任せ下さい

穂高観光株式会社
0120-578043

〒399-8303 長野県安曇野市穂高6032-20

新安曇野人日記 vol.3

川島様ご夫妻

平成20年8月に長年にわたりお住まいになられました都心を脱出し安曇野に移住(Iターン)してこられました。

これまで東京の中心部で生活をしておられましたが、移住(Iターン)先として安曇野をお選びになられた理由はどんなところにあるのでしょうか?

実は20年くらい前に子供を連れて家族旅行で安曇野を訪れました。まだ幼かった子供たちもこの安曇野の自然のなかで、はしゃぎ戯れていたのを今でもよく覚えてます。そして私自身も『安曇野ってなんて爽やかな所なんだろう』と思いました。

またその当時は漠然と『将来こんな所に住めたらいいな~』と思っていました。その後何度となく安曇野を訪れるうちに『やっぱりここにしたいな』と確信めいた気持ちになってまいりました。そして3年くらい前より本格的に土地探しをスタートさせ現在に至ってます。
まず都会生活から脱出したかったことと、安曇野の雄大な自然環境と爽やかさに惚れ込んだことが第一の理由です。

移住(Iターン)されてからもうすぐ1年になりますが、率直なご感想はいかがでしょうか?

私たちの場合アルプスを眺められる田園のなかの分譲地を買い求めそこに住宅を新築いたしました。分譲地なので当然ながらご近所様とのお付き合いも覚悟していたんですが、近隣の方々は非常に親切で私たちをすんなり受け入れてくださいました。今では野菜を頂戴したりまた頂いた野菜を料理してお返しをしたり、そんな間柄のお付き合いをさせていただいております。

安曇野には病院・医院の数も想像以上に多く安心しました。今では親切な主治医にもめぐり合え快適な生活を送っております。
安曇野に住み始めて特に自然に目が向くようになり、見るもの感じるものすべてが新鮮です。

これからここ安曇野でどんな生活を送りたいですか?

奥様:美術館めぐり、家具作家さん等の工房めぐりをゆっくりと時間をかけてしてみたいです。あと陶芸・パン焼き・お菓子づくりなどやりたいことは盛りだくさんです。
ご主人:もともと土いじりに興味があり、早速、敷地内に菜園をつくりました。とりあえず今年の目標は、トマトを栽培して食べることです。つい先日、安曇野市で募集した農業研修会に申し込みをしたばかりです。妻と私ではやりたいことの違いはありますが、お互い共通して言えるのは、これからは時間を気にせずゆったりとやりたい事を楽しみたいと考えてます。

これから移住(Iターン)を計画されている方に一言アドバイスをお願いします。

私たちはここの土地を決定する前に一度予約した土地をキャンセルしたことがありました。特に立地条件は大切な要素だと思います。
決して安い買い物ではありません。何度も足を運びよく吟味して決められることが後悔しないことにつながるでしょう。
しかし希望を持ち続ければ必ず実現できるはずです!